炒飯食べ歩き オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花丸軒@高井田 (2006/06/08)
CA280068.jpg

旧豚吉かな? 高井田にある花丸軒はパチンコ屋の1Fにある。
なんかショッピングセンターのフードコートみたいな感じやね。
なんや先払いかいな。ハイ600円。
突撃ぃっっっっっ。

CA280069.jpg

感想:★☆☆ (3点満点)
パラ度:★★★★☆☆☆☆☆☆(10点満点)
フア度:★★★★★☆☆☆☆☆(10点満点)
C.P.度:★★★☆☆☆☆☆☆☆(10点満点)

CA280070.jpg

油が重たいどー。
口の中に重たい油と飯粒の感触がいつまでも消えへん。
豚吉系の炒飯こんなに重たいはずないねんけどなぁ。
無念w撤収っっう・・・。
また一日終わってしもたど。

まあ3割バッターこんな日もあるわいな。

ここ


コメント貼りなおしました。 [ 岸和田市民 ] [2006/06/12 06:35] [ Myblog ]
>魔人はん
気つかわしてすんまへん。
食べてるときに、ここ豚吉やろ何でやねんって自分で突っ込み入れながら首ひねってました。
がんばれよ高井田店。

--------------------------------------------------------------------------------

[ 炒飯魔人 ] [2006/06/11 21:44]
岸和田市民はん>
玉砕した場合はワシはコメントせんことにしてた。
でも、これは個々人が考えたらええ事やと思うし、特に豚吉系は普通大丈夫なのに高井田だけが駄目やったんやから、奮起を促すため書いてもエエかも(笑)

--------------------------------------------------------------------------------

[ 岸和田市民 ] [2006/06/09 07:00] [ Myblog ]
>まあすけはん
ほんまに難しいね。初めて訪れてがっかりやったら、また来ようとは思えへんやろ。
自分とこのお店は縁がなかったとしか言いようがないわ。鍋振ってた人は結構熟練工らしかったんやけどな。
豚吉系やし安心しての突撃やったんやけど玉砕やった。
本家のスレタイは炒飯の美味しい店やし、本家で紹介するのんは悩んだんやけどこれでよかったんやろか?どない思う。

--------------------------------------------------------------------------------

[ 岸和田市民 ] [2006/06/09 06:47] [ Myblog ]
>魔人はん
評価の良くない初めてのお店を紹介する時は気がひけるわ。
炒飯板に紹介するかどうか悩んだんやけどたまたましか知れんし、書いた。
いつもはいけてるでみたいな書き込みがあればうれしいんやけど。
たまたま高井田店だけなんか、その日だけなんかわからんけど
塩からかったし、油かなんかった。
近くやったら再挑戦するところやけど、わざわざ炒飯を食べに高井田の花丸軒へいったわけではないので・・・。再訪はないと思う。
炒飯板で書いてるけどおっさんになった今、軽い食感の炒飯がマイブームやねん。
浜浪(マスターは宝くじ)か昼の博多っ娘行ってみて。
炒飯大とサイドディッシュ付きでも年を忘れてワシワシ食ってる自分に気付くよ。

--------------------------------------------------------------------------------

[ まあすけ ] [2006/06/08 23:43]
>岸和田市民さん

本編の8軒目に書き込みましたが、豚吉の炒飯って「南蛮亭」のあっさり番、健康志向の味わいだったのに油ギトギトとはホンマ魔人さんやないけど「豚吉系で玉砕、珍しい」ですな。鍋を振る人のさじ加減一つで味がガラッと変わる食べ物。恐るべし、炒飯。
「うまいものはうまい」

--------------------------------------------------------------------------------

[ 炒飯魔人 ] [2006/06/08 23:02]
豚吉系で玉砕、珍しいな。
ワシはいままで大丈夫やったけど、ま、こういうこともあるんやな。ご苦労様でした。焼めし大でなかったのがせめてもの幸い(笑)そういえば、ヤキメシ(大)って長い事食べてへんわ。大よりラーメンやサイドディッシュを頼む事の方が多いからやな。

岸和田市民
2006/07/11 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯 © 岸和田市民 2017. (http://marontocahan.blog67.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
にほんブログ村 グルメブログへ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。