炒飯食べ歩き オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まろんとおやぢ様ランチ (2007/02/04)
老舗の洋食屋さん ミナミを紹介します。

和泉府中の駅近くにあります。

CIMG2768.jpg
ちょっと贅沢な気分になるでしょ。
洋食=ちょっと贅沢=たまにはの外食 みたいな感覚は
オレの年代だけでしょうか。

CIMG2769.jpg
ハンバーグとトンカツ
おやぢのお子様ランチ。(国旗はたっていないけど)

CIMG2771.jpg
まさしくそれ。

CIMG2772.jpg

CIMG2775.jpg

CIMG2773.jpg

CIMG2776.jpg

決して安くはありません。
でもまさしくおやぢのお子様ランチの感じかなぁ。












味は昔親に連れてもらった高島屋の食堂を思い出したよ。
その後のお決まりは屋上のボーリングゲームでした。
真ん中の穴に入るとめっちゃうれしかった・・・。

親にしたら子供にしてやれる精一杯の贅沢やったのやろう。




















ごっとさん。










レストラン ミナミ

住 所   泉大津市東豊中町3丁目18-3

もしもし  072-543-0257

休み    金曜日 祝日

営業時間  11:30~14:30 17:00~20:00


にほんブログ村 グルメブログへポチッとしてな~。


岸和田市民さんこんばんは~
なかなかエエ値してはりますね~しかしこれはまさしく「おやぢ様ランチ」ですね。岸和田市民さんは高島屋の食堂でしたか。私は「自由軒」でした。皆それぞれに子供時代にご贔屓の「洋食屋さんの思い出」を持ってる世代ですよね。既に大将の「ご贔屓の洋食屋さん」は「あの店」がまいふぇーばりっつになってるみたいですよ。「美味いモンしか美味ない」らしい・・・
(まあすけ)
2007/02/06 | URL |(trip@-)
編集



まあすけはん まいどーです。

へぇーまあすけはんは自由軒かー。
自由軒の想い出のオススメはなんですか。
大将のあの店のいちばんの思い出はなんになるんやろうね。
(岸和田市民)
2007/02/07 | URL |(trip@-)
編集



>岸和田市民さんこんばんは~
自由軒の思い出と言えば昔、小学生の頃やっぱりカレーライスをよく食べてたのですが、ある日親父に冬のボーナスが出て「何でも好きなもん食べていいぞ」って言われたけど、けして楽な暮らしではなかったし急に言われても何を注文していいのかわからなくて戸惑っていたら「ビフテキ」を注文してくれました。当時の牛肉なんてなかなか口にすることなんて、ましてや「ビフテキ」なんて「夢のまた夢」でした。食べたことなかったし・・・。運ばれてきたステーキの上にはバターがのっててトローッと溶けていくさまは今でも記憶に鮮やかに残っています。初めてのビフテキはとても柔らかくてこんなに美味しいものなのかと感動しました。たぶん今では普通のビフテキなんでしょうけどね。
大将はあのお店に入ってお持ち帰りしたことはあってもまだ店内で食事したことはないのでこれからでしょうね。今のところ彼のお気に入りは「チャーシューと煮卵のピザ」ともちろん「ミンチカツ」です。
(まあすけ)
2007/02/07 | URL |(trip@-)
編集



まあすけはん まいどーです。

おとうちゃんはきっとまあすけはんのとびっきりの笑顔を見たかったんやろね。

そうそう『テキやテキ』。
ステーキでもない。
肉でもない。
わかるよ。

『テキ食べるかカツか』って・・・。

オレもうれしかったのんよー覚えてるよ。

大将の笑顔ええもんね。
だからがんばれるよな。


(岸和田市民)
2007/02/08 | URL |(trip@-)
編集



>岸和田市民さん今晩は~
明日は大将の幼稚園で「発表会」です。
この前あんなに小さかったのにもう一丁前に「父ちゃん焼酎飲みすぎ!!」とか文句言いよる。明日はカメラ持参で行きますが涙でファインダーが曇るかもしれません・・・。子供の成長は親の涙腺を太くし、そして緩めます・・・。お兄ちゃんのときは必死で育てていましたから余裕なかったですからね、こんな感慨に浸ることなかったっす。若かったしね~。
(まあすけ)
2007/02/09 | URL |(trip@-)
編集



まあすけはん まいどーです。

大将発表会かぁ。
カメラもええけど、いっぱい拍手したってな。
(岸和田市民)
2007/02/09 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯 © 岸和田市民 2017. (http://marontocahan.blog67.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
にほんブログ村 グルメブログへ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。