炒飯食べ歩き オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱり唸る 流石やわニューとん助④ (2007/02/22)
とんかつ仕事人




CIMG3135.jpg
今日はこれ








CIMG3137.jpg
う~たまらん。

これやこれ。








CIMG3138.jpg
これぞとんかつ。










CIMG3136.jpg
ばくばく飯がススム君。かために焚かれた銀しゃり。

若さを思い出して喉を通らせい。








CIMG3139.jpg
これがほんもんの福神漬け。

和歌山は湯浅から取り寄せたもの。小売はされてないものらしい。











CIMG3140.jpg
密かにここのとんかつは

1000円以下で食べれる大阪の最高峰のとんかつやとオレは思う。

このおやっさんほんまに仕事師や。

動きがきれいし、むだがない。










是非一度お試しあれ。










言葉はいらんど。







充実のごっとさん。



『ニューとん助』

住所:大阪市住之江区北島1丁目3-31

もしもし:06-6685-4096

営業時間 11:25 ~ 13:25
     17:00 ~ 19:30

※営業時間短かいど注意

やすみ:日曜、祭日



このおっちゃん客で遊びよるのが
たまにきず。食べてる時におちょくらんとってね。(^o^)丿

(みやちゃん)
2007/02/22 | URL |(trip@VvlOVrnY)
編集



みやちゃん まいどーです。

いつもピッカピカの厨房ににんげんがうつります。

営業時間が短いのは仕方がないと思います。あれだけの集中力。流石です。
多分休憩時間には掃除と仕込みで営業中より忙しいのかもしれません。
(岸和田市民)
2007/02/22 | URL |(trip@-)
編集



>岸和田市民さん、こんばんは~

この店はやっぱりほっとくわけにいきまへんわな~。「大和川」より北やし・・・。ガサ入れ決定しました。
(まあすけ)
2007/02/23 | URL |(trip@-)
編集



まあすけはん まいどーです。

まちがいおまへん。
サイフに余裕があればポタージュもネッ!
(ニンニクスープですが)

ライスは(大)で。

(岸和田市民)
2007/02/23 | URL |(trip@-)
編集



タレコミ まちBBSで一回タレコミしたんやけど、誰もフォローしてもらえなかった店があるねん。とんかつのニュー豚助も取り上げはる岸和田はんとこならスレ違いとはならんやろと思います。
西成区千本南2-3-7「正坊池」06-6661-3328 ここの焼飯は変ってる。刺身も食えるしお好み焼きもやってる。お好みの鉄板でバター使って焼くんや。当然パラ度は低い。しかしソース焼きではなく、醤油も用いず塩味や。後ろの冷蔵庫におかずもあるから適当にとって食べられる。それから昼と夜の間のアイドルタイム休憩がなく遅い昼飯でもいける。
(元茨木在住名無し)
2007/02/23 | URL |(trip@mQop/nM.)
編集



元茨木在住名無しはん まいどーです。

情報ありがとう。
オレにはおいしかったらスレ違いはないよ。
うまいもんの情報はうれしいです。
「正坊池」 φ(・_・) しときます。
(岸和田市民)
2007/02/24 | URL |(trip@-)
編集



いやはや・・・ 間違いなく最高峰ですよん・・・

こんな美味しいお店、他には全然知りません!

(アイントホーフェン)
2007/02/25 | URL |(trip@-)
編集



いゃーうれしいね。アイントホーフェンはん。

このお店(店主)を共に知っているというだけで
うれしい岸和田市民です。
(岸和田市民れけれ)
2007/02/25 | URL |(trip@-)
編集



ここのはデミソースが旨い。
堺のとん助はソースがまずい。
オチャンがおちょくるので綺麗な女性は無理かな(^^)
普通でも分厚いとんかつ。この上があることにびっくりでんな。
スープも売り切れ必死ですよ。
(営業マン)
2007/02/26 | URL |(trip@wUc1OjFc)
編集



営業マンさん いらっしゃいませ。
ゆっくりしてってくださいね。

へぇーあのおっちゃん綺麗な女性だけおちょくるんやね。
なかなか人間味があっておもろいなぁ。

>この上があることにびっくりでんな。

ごっついでっかいのん目の前にして
おおっって思わず声出たことあるよ。
しかし今のオレには食えんなぁ。
量も@も・・・。
スープたのむときも一瞬考えるもんなぁ。
でもそれ以上のねぶちあるね。

これからもまろんと炒飯をよろしくおねがいします。
(岸和田市民)
2007/02/27 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯 © 岸和田市民 2017. (http://marontocahan.blog67.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
にほんブログ村 グルメブログへ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。