炒飯食べ歩き オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まろんと就職祝 福見にて (2007/03/04)
息子の就職祝いで福見へ



ひとり乾杯。

CIMG3399.jpg

嫁と息子はお茶で乾杯。

娘はまたバイト。

CIMG3400.jpg
キューリ



CIMG3402.jpg
フカヒレスープ



CIMG3405.jpg
ここでもうコレ。

瓶だし紹興酒八年。



CIMG3406.jpg
鶏のから揚げ。




CIMG3407.jpg
この食感は前回も書いたが

ほんとうに不思議。

カリカリやのに中はふあふあ。

何か秘訣でもあるのかと店主に聞くが


『何もしてません。』

『強いて言えば温度でしょうか。』




『音でわかるん?』

『はい。』



最初は低温でそして最後は高温で揚げきり

その瞬間をスパッとすくい取るらしい。

これはフライヤーではできない職人の技。



CIMG3409.jpg
きゃべつも芯が甘い。

花椒でいただく。



CIMG3412.jpg
豚肉レタス包み。



CIMG3413.jpg
瑞々しいレタスがよく冷えていてシャクシャク感がええね。

ビーフンの揚げたやつも軽さを助ける。




CIMG3414.jpg
酢豚。




CIMG3415.jpg
肉団子(裏メニュー)




CIMG3416.jpg
二個は甘酢に絡めずにそのまま(わがまま)花椒でいただく。




CA281017.jpg
豚バラ煮込み。




CA281023.jpg
ニンニク炒飯(わがまま裏メニュー)


どんなけわがまま言うたかと言うと



①前回より少し塩をきかせて

②ニンニクを2㎜±0.5

③胡瓜を乱切にして入れて。




店主は笑って頷いて聞いてくれている。

んが嫁と息子にはわがまま言いすぎでハラハラしたと怒られた。



CIMG3410.jpg
んで息子に食べさせたかったのがこのモヤシ炒め。

このモヤシ炒めにはどんなけの

下ごしらえと気持ちがこもっているかを

オレなりに息子に説明した。

息子は頷いてだまって食べていた。











『息子よはやいもんやなぁ。






お前は今春から整備の会社へ勤めるという。

言えばこのモヤシといっしょや。




決して派手さはないが下支えの仕事や。


お前も人様のいのちを預かるしごとをするのだから

気持ちをこめて整備をしなさいよ。』












って酔ってこころのなかでつぶやいた。







にほんブログ村 グルメブログへこれ見て炒飯食いたくなったらポチッとしてな~。



お祝いいいなぁ 息子さん頼もしいなぁ
岸和田はん鼻たこしていいでお子さんに関して
ご家族仲いいのと、こうした人生の節目で
バチっといい飯食えるのとで何倍も嬉しいなあ
(元茨木在住名無し)
2007/03/06 | URL |(trip@mQop/nM.)
編集



元茨木在住名無しはん ありがとー。

なんかほんまてれくさいわ。
ほんまええ店と店主です。
(岸和田市民)
2007/03/06 | URL |(trip@-)
編集



岸和田さん、おはようさんです。
朝から美味しそうなかりゃあげ画像にニンマリしてるゆかりです♪
豚肉のレタス包みも美味しそうですねん!
炒飯はニンニク抜きがいいです(超ワガママ)
いつか、ここでオフ会できるの楽しみです。
けど、遠いなぁ。。。
息子さん、就職おめでとうございます。
立派な社会人になるといいですね~!
超立派な社会人のゆかりでした(笑)
(ゆかり)
2007/03/06 | URL |(trip@-)
編集



ゆかりちゃん まいどーです。

油の温度の見極めで決まるかりゃあげは
一度食感を味わって欲しい。

ゆかりちゃんニンニクはにがてなんか?
旨いのになぁ。

親子共々これからも超よろしくおねがいしますネッ!。
(岸和田市民)
2007/03/06 | URL |(trip@-)
編集



息子さんの就職おめっとーさん!!

しかしええ話や!

岸和田はんの想いはきっと息子には伝わってるでぇ!!
(ごうし)
2007/03/07 | URL |(trip@-)
編集



ごうしはん まいどーです。

一緒にいてもなかなか喋る機会がないものです。
照れくさくっていけません。
(岸和田市民)
2007/03/08 | URL |(trip@-)
編集



今日も行って来た 福味とかあまりにも高級やのに手が出そうなお値段の店俺なんか通ってええのやろか?とうまい美味い思いながら考えた
ここ来ると「今日のコース2000円」頼む。一人分のコースでも丁重に作ってくれはる。
あとここの奥さんは「奥」でも「御上」でも「助手」でもない。なんというかご亭主が「花板」やとしたら「料理長」みたいな立場。各料理を熟知していて、夫唱婦随やのうて二人が完全に連携してコース作ってる。さっと冷蔵庫に手突っ込んで、一人前分の材料を計りで別けて、さっと皿だして、客の皿をさっと洗っての繰り返し。ご亭主は何も言わずにもくもくと鍋振ってる。この間合いが暖かくもクールなんや。プロらしい協力というか。
そやけと最初に戻るけどホンマ「俺はこんなごっつぉう喰っててええんか?」という感じ。普通はどこでも「ご馳走さん」と声かけるんやけど今夜は「贅沢させていただきました」と声かけた。ホンマ贅沢や
(元茨木在住名無し)
2007/06/21 | URL |(trip@mQop/nM.)
編集



元茨木在住名無しはん まいどーです。

茨木さんの言いたいことよくわかるよ。
ここへくるとほんとに満足感につつまれるよな。
ふたりとも無駄な動きはないし、奥さんは次ぎ何をすればよいか、どうすればご主人が仕事がしやすいかが自然とあたりまえのようにできてるねんな。
カウンターに座ってご主人のやさしい鍋ふりとその音を聞いてるとほんとに贅沢な時間がすごせるよな。

(岸和田市民)
2007/06/21 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯 © 岸和田市民 2017. (http://marontocahan.blog67.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
にほんブログ村 グルメブログへ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。