炒飯食べ歩き オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
味門@堺御陵前 (2006/07/07)
00CA280153.jpg
たぶんこのお店は一見さんは入れません。
と言うか知りませんし気付かないと思います。
つれてってもらわんとこの店にはたどり着けません。

00CA280148.jpg
一口カツと海老フライ。
どっちも食感はふぁっふぁっ。
軽い。
ええ仕事(下ごしらえ)がされてある。
お父さんが肉をたたくキリンレモンの瓶も、となりでキレイに衣つけて揚げる準備してはる。
お母さんの銀のお盆も。
目の前でショー見てるみたいや。
仕事に無駄がないし、ほんまに流れるようや。

CA280150.jpg
マジンガーZ炒飯。
U社長はん連れてきてくれてありがとう。
2人やからレンゲ2つそえてくれただけなんやけど。

歴史を感じるわ。
『蘭朋』さんでも味わせてもろた、積みかさねられた味やねん。
堺にはええお店いーぱいあるな。

00CA280151.jpg
仁王立ちのお父さん。
風体からは想像でけへんくらいやさしくて料理には厳しい人。
『あと60日営業したら親父より1年長く仕事したことになるねん。
それで俺は満足やし、それでもうええねん。好きなことするねん。』
またひとつええ町の灯り消えてしまうんやろか。何か寂しいな。

禁煙の飛行機乗ってドイツに住んではる孫に会うためだけに禁煙したやさしいおじいちゃん。
『えー話もごっとさんでした。』


コメント貼りなおしました。 [ 岸和田市民 ] [2006/07/08 19:14] [ Myblog ] [削除]
>ツェペリオはん
いらっしゃいませ。
ツェペリオはん、ここは昔から堺に住んではる社長さんに連れてってもらいました。
蘭朋にしても味門にしてもどちらもご主人の人柄が出ているしぶい燻し銀のようなお店でした。味はもちろんのこと、ご主人に会いたいがためにお店に来られる方がほとんどでしょうか。とてつもない魅力的な人間のオーラを感じましたよ。また来たいってね。
もうあと少ししかこの味に出会えないと思うと今のうちに全メニュー制覇しないとっていうあせりと寂しさを禁じえません。いいお店(ご主人)のご紹介ほんとにありがとうございました。いろんな意味でいい勉強になりました。
これからもよろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------------

[ ツェペリオ ] [2006/07/08 18:32] [削除]
どーもー。おひさしぶりです。ツェペリオです。岸和田市民さんなかなかマイナーなお店見つけましたねー。最近は味門にいってませんけどここは子供のころによく親に連れて行ってもらいましたよ。秋か冬になると牡蠣フライがあるので僕はおすすめですよ。一度お試しあれ。岸和田市民さんこれかもどしどし堺を盛り上げてくださいね。ぼくも極力お店紹介していくので宜しくおねがいします。


岸和田市民
2006/07/11 | URL |(trip@-)
編集



ご無沙汰しています。味門さんも地元の人以外解りづらいですよね。並びが居酒屋さんだった事もあり遠慮していました。蘭朋のご夫婦といい、こちらのご夫婦も味がありますね。どちらも行かせて頂きましたよ。また、寄らせて貰おうと思います。味門のそばの御陵前駅西側にパランセという韓国料理屋があります。其処のオモニが料理が上手くて日本生まれなので日本の料理も普通に作れたりします。機会があったらキムチ焼き飯食べて見てください。ごま油と韓国海苔の香りが食欲を刺激しますよ。それから岸和田市民さんは洋食も好きそうなので菅原通りを更に南に下って泉北一号線との交差点近くの豚竹林さんのトンカツもお勧めです。
(堺旅人)
2006/07/16 | URL |(trip@U7lDTK8I)
編集



堺旅人はんお久しぶりです。 『蘭朋』さんと『味門』さんもご主人がええ味だしてはるなぁ。2人とも料理を作りはるとき、『おいしくなあれ』って魔法の呪文をかけてるような気がするよ。それだけ料理に関して真摯なんやろな。今のうちに盛大通って人と味を記憶に留めたいです。キムチ焼き飯の『パランセ』さんも行ってみたいです。
それと『豚竹林』さんはお昼に何度かいったことがあります。たぶんラードで揚げてはると思うのですがあの香ばしい香りがたまりまへんなぁ。夜はエエ値段みたいなんでよう行きまへんけど。オレがなんで洋食好きなんわかりはった?ソラ簡単にわかるって。えらいすんまへん。そのとおりでございます。炒飯より好きかも。これからもよろしくです。
岸和田市民
2006/07/16 | URL |(trip@-)
編集



毎度
もうあの味には会えないと悟ったときのショックはつらいですよね。
特に店主の人柄が仕事に出ている店は。
このサイトには良い情報をもらっているので、まぁお返しと言いますか、カツ系の(準)デフォ店いくつか紹介します。
よろしければお試しを。
とんかつ全般=大阪城北詰駅前「とん太」定番はトン汁定食のエビフライが載らない方。
かつ丼=祭太鼓
都島区で親父が一人でやってたころは、丁寧な仕事だった。
いまやフランチャイズ化して質が不安定になったが、当時の片鱗は感じられる。
カツ丼とはいえないかもしれないが、しぐれカツが定番。
カツサンド=神戸市中央区「mone」のビフカツサンド。
酸味の利いたトマトソースが一切もたれを感じさせない。
あ゛あ゛あ゛
2006/12/23 | URL |(trip@-)
編集



あ゛あ゛あ゛はんまいどーです。


>>もうあの味には会えないと悟ったときのショックはつらいですよね。特に店主の人柄が仕事に出ている店は。

そうですね。店の味=店主の味
どちらもいっぺんに消えてしまうと
なんかぽっかり穴が開いたままになりますね。寂しい限りです。
もう一度おとうさんの一口かつとピーマンを揚げたのん食べてみたいなぁ。

美味しい情報色々ありがとうございます。
行ったら報告しますね。
カツサンドもええなぁ。ビールとぷはっーってやりたいな。
(岸和田市民)
2006/12/23 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯 © 岸和田市民 2017. (http://marontocahan.blog67.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
にほんブログ村 グルメブログへ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。