炒飯食べ歩き オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まろんと冷やしあめ@日根治 (2007/08/17)
冷やしあめって知ってる?


DSCF1223.jpg
きんきんに冷えた冷やしあめ。

甘くて生姜の効いた夏の風物詩。


おばちゃんなんぼ?

100円です。

ペットボトルでお持ち帰りできるんやね。



昔は魔法瓶持って買いにきたけどなぁ。





時代やね。


そーですねー。










DSCF1225.jpg
ここは和菓子屋さん。








DSCF1606.jpg
年末になるとこの店先で鏡餅用の

もち米を蒸すえー匂いがするよ。







ごっとさん。



■日根治

住  所 大阪府岸和田市並松町22-35
もしもし 072-422-2187



こんばんは。
冷やしあめ…なんとなく昭和チックな味がします。
最近は缶入りのを自販機で売ってますが、あれはどうもいただけませんね。
やっぱり昔ながらの店先でおばちゃんが売ってるやつが最高ですわ。
(さすらい)
2007/08/19 | URL |(trip@-)
編集



こんばんは~
子供の頃、
粉浜の商店街で飲んだなぁ、、
冷たくって甘くって
懐かしい味
最近飲んでませんね、見つけたら飲んで見ますネ
(諏訪ノ森のオヤジ)
2007/08/19 | URL |(trip@j4ekpsMA)
編集



さすらいはん まいどーです。

やつぱりそーやよね。
缶にはいったやつはあかんでなー。
店先で飲むキンキンに冷えたやつが最高です。
(岸和田市民)
2007/08/19 | URL |(trip@-)
編集



諏訪ノ森のオヤジはん まいどーです。

無性になつかしいでしょ 冷やしあめ。
これはリアルにそこでしか味わえないよね。懐かしさと共にどーぞ。
(岸和田市民)
2007/08/19 | URL |(trip@-)
編集



きしわださん、おはようさんです~。
冷やしあめ、知ってますよ~。
小さい頃、飲みました。当時は、1杯50円でした。
夏になると、売ってましたね~.
個人的には、グリンティーの方が好きです(笑)
冷やしあめを売っているお店、少なくなりましたねぇ~(苦笑)


(ゆかり)
2007/08/20 | URL |(trip@-)
編集



ゆかりちゃん おはよーさん。

オレの小さい頃は一杯20円か30円やったわ。
年代を感じてしまうなー。
こういうお店が減ってきてるよね。
さみしい限りです。
(岸和田市民)
2007/08/20 | URL |(trip@-)
編集



ひやしあめっていえば・・・ 臨海学校の思い出かなあ・・・。海からあがって宿に戻ると入口でひやしあめかあめ湯(ひやしあめのあったかいバージョン)をいただいたような記憶があります。べっこうあめを溶かしてしょうがを入れたような味、セピアカラーも郷愁をそそります。
(きさとぱぱ)
2007/08/20 | URL |(trip@-)
編集



懐かしいですねぇ 臨海合宿とかでよぅ飲みました。

缶でも売っていますが、やっぱりグラスか透明プラスチックのコップがい~!
(ゆりりんこ。)
2007/08/20 | URL |(trip@ET2edvwM)
編集



きさとぱぱはん まいどーです。

なつかしいよね 臨海学校。
オレは小学校からは和歌山の加太へ行ったかな。

磯遊びでアメフラシあつめて遊びました。
(岸和田市民)
2007/08/20 | URL |(trip@-)
編集



ゆりりんこ。ちゃん まいどーです。

やっぱり冷やしあめはコップやないとあかんよね。

学生時代 バイトであいりん地区で冷やしあめ売ってました。
大と小があって 大は喫茶店なんかで出てくるミックスジュースのコップ。
小は普通のビールコップ。
大が80円で小が50円。
中味の量は同じだったのは秘密ですv-7
(岸和田市民)
2007/08/20 | URL |(trip@-)
編集



私も加太に行きました! あめふらしってうみうさぎの別名はご存知?
(きさとぱぱ)
2007/08/20 | URL |(trip@-)
編集



きさとぱぱはん まいどーです。

うみうさぎの別名は知りませんでした。
そういえば角はうさぎの耳に見えますねー。

言いえて妙です。
(岸和田市民)
2007/08/20 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯 © 岸和田市民 2017. (http://marontocahan.blog67.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
にほんブログ村 グルメブログへ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。