炒飯食べ歩き オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とんかつ一番@京 下京区 (2006/09/04)
嫁と息子をひきまわして京都炒飯ツアー とんかつ一番の巻
CA280459.jpg
ナビサマ様や。ナビなかったらこんなとこたどりつけてないわ。
本日最後の勝負をかけてとんかつ一番へ。

CA280461.jpg
お店の前まで来て駐車場がないのか聞いてみるとわざわざスタッフの方の車を移動してくれてスペースをあけてくれはった。
すんません。

CA280462.jpg
お店の中エエ雰囲気やねん。
まるまる昭和やねん。3丁目の夕陽にでてきそうやな。

CA280463.jpg
『味つかみ』やてー。

CA280464.jpg
この炒飯実はあんまり期待してなかったんやけど
メニューにあったので頼んでみたら大正解やった。
派手さはないけどエエ仕事してはるよ。
ふあふあででしゃばれへんねん。

後からでてくるとんかつの味の邪魔は決してしまへん。
とんかつと食べるのを考慮したかのような炒飯。

これはほとんど息子にいかれてもうた。

CA280465.jpg
きてよかたよー。
マスターも奥さんもエエ人やし、あったかいねん。

奥さんがオレの車のナンバー見てたらしく
『大阪から来てくれたんやねー。遠いところありがとうございます。
ネットかなんかでみてくれはったん?』って。
オレ『そーですねん。ネットで見て、
今度京都行ったらこのとんかつ絶対食うたるねんて思てきましてん。』
奥さん『ありがとうございます。』

CA280466.jpg
ロースとんかつ2人前同時盛り。

このとんかつウンまいねん。
軽いねん。

ラードの香りが『ぱあ~』って来て
鼻腔の奥に見事に抜けていくねん。

ほんでソースが旨いねん。
それが下に敷かれてあって最後までサクサク感がなくなれへんねん。
よー考えてはるよ。

CA280467.jpg

もんくなし。あんたは旨い。

CA280468.jpg
これは嫁のオーダーのオムライス。
ほとんど横取り状態。

CA280469.jpg
このデミソースエエ仕事しよるねん。
でしゃばれへんけど
きっちり自分の言いたいことは主張するねん。

感想:★☆ 1.5(3点満点)
パラ度:★★★★★☆☆☆☆☆(10点満点)
フア度:★★★★★★☆☆☆☆(10点満点)
C.P.度:★★★★★★★★☆☆(10点満点)

scan0001.jpg

最近朝日新聞に載ったとの事。
店主の井村隆雄さん里美夫妻。
新聞戴きました。

ごっとさん。

【住所】
京都市下京区黒門通木津屋橋上る 地図
【もしもし】
075-371-0722

お店HP 

にほんブログ村 グルメブログへこれ見て炒飯食いたくなったらポチッとしてな~。


>岸和田市民さん

「トンカツや」で炒飯ですか?珍しいですね。
色合いは「浜浪」ですな・・・エビはないけども。 
せやけど、このオムライス。激しくそそられます。
(まあすけ)
2006/09/04 | URL |(trip@-)
編集



ちょっと、ビックリやけど、一日での成果?
しかも三種三様の炒飯。
やっぱり岸和田市民さんは
炒飯ガソリンで動いてるんや!
結構夜遅いけど、チャーハンティングに
出かけたなってきました...

(こんちわ)
2006/09/05 | URL |(trip@-)
編集



>まあすけはん

京都へ行ったら寄ってみてね。
とんかつウンまいねん。

オムライスも炒飯も派手さはないけど
しみじみ旨いねん。
岸和田市民
2006/09/05 | URL |(trip@-)
編集



>こんちわはん

せやねん。
嫁と息子をひきまわして京都炒飯観光したってん。

おれ炒飯なかつたら死んでまうねん。
生きてられへんねん。

今度遊んでね。
楽しみにしてるよー。

岸和田市民
2006/09/05 | URL |(trip@-)
編集



ナビさまさまやね 今日無性に岸和田はんのご推薦のとんかつが喰いたくなって行ってきた。確かにナビさまさまや。歩いてとかバイクでナビなしとかでは行かれへんな。車の場合すぐ筋向いに駐車場があって、今日は200円で停めれたよ。とんかつやけど、前夜に喰ったニューとん助のとんかつと比して飛びぬけたところはなかった。丁寧に揚げた値段なりのとんかつやった。でも店の構えがリアルで古風で赴きあるなあ。次いくときは炒飯ととんかつにするわ。
(元茨木在住名無し)
2007/01/25 | URL |(trip@mQop/nM.)
編集



元茨木在住名無しはん まいどーです。

駐車場できたてたんやねー。

でもここ見て京都まで行ってくれたん?

元茨木在住名無しはんのバイタリティにはほんと脱帽やわ。
このお店雰囲気あるやろー。
京都の下町洋食屋ちゅー感じでなんか雰囲気満喫できるよね。
確かに跳びぬけた味ではないけれど妙にほっこりしてええ店やと思うわ。

オレは店の人と普通に世間話ができるこのスタンスが好きやねん。
(岸和田市民)
2007/01/25 | URL |(trip@-)
編集



管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます
()
2007/01/25 | |(trip@)
編集



元茨木在住名無しはん まいどーです。

管理者のみが読めるコメントになってないよ。

昔このフェリーで淡路への釣行を考えましたが未実施です。
やっぱり赤字なんやろな。

もしここのコメントが不都合であれば言って下さい。
削除しますよ。
(岸和田市民)
2007/01/25 | URL |(trip@-)
編集



管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます
()
2007/01/26 | |(trip@)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯 © 岸和田市民 2017. (http://marontocahan.blog67.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
にほんブログ村 グルメブログへ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。