炒飯食べ歩き オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まろんと洋食 味の店一番@中百舌鳥 (2006/05/14)
CA280018.jpg

本日のランチは嫁と堺市中百舌鳥にある『味の店一番』へ
ここは街の洋食屋さんでカンバンの通りとんかつがメインのお店。

SA340008.jpg

これは一口とんかつ(ヒレ)定食。
なんと\610やで。安すぎます。
しかもメチャ旨です。
このことをコストパフォーマンスが良いと言うのやろう。

C.P.度:★★★★★★★★★★(10点満点)

かつはからっと軽くあがっておりソースは若干酸味があり、とてもよくこのかつにあってるわ。
ソースはデミグラスとはちがうこれぞ日本の洋食屋さんのって言う感じのソース。

CA280016.jpg

ちょうどお昼時であって言う間に満席になったわ。
他にも色んな定食があって、夜でも食べれます。
給仕のオバちゃんもいつもお客さんの食の進み具合に気を配ってはり、
水がなくなれば何度でもすぐに注ぎにきてくれます。

CA280017.jpg

そんなに小奇麗な店とは違うけど、そんなサービスを求めてへんし、がっつりとんかつや洋食を食べたいときにはぴったりのお店やろう。サイフにもやさしいしな。

SA340004.jpg

かつ丼、カツカレー、オムライスまで560円で食べれる。
通い始めて6~7年になると思うけど一度も値段は上がってないと思う。
オムライスは今はやりのふわっとタイプではないものの一切手抜きはなく、玉子で薄く包まれたそれは至福の旨さやで。オレはこのタイプの方がすき。

いつもおったおっちゃんがおれへんかったのが気がかりや。
2~3ヶ月見てないし。
いつまでも変わって欲しくない洋食の名店。
ごっとさん。

【住所】
堺市北区中百舌鳥町6-882-3 地図
【もしもし】
072-257-2500
【営業時間】
11:30~22:50(LO22:25)
水曜日休み


コメント貼りなおしました。 [ 岸和田市民 ] [2006/05/18 19:16] [ Myblog ]
>Mさん

Mさんのちょー地元でしたか。それはそれは。

このお店はいい意味でまだ『昭和』です。
すばらしい。

思い出を美化するわけでもなく・・・。
さりげない現実がそこにある。

えーもんはえーんや。
うまいもんはうまいんや。

なっそやろ。

--------------------------------------------------------------------------------

[ M三郎 ] [2006/05/15 08:00] [ Myblog ]
懐かしいです!
私の超地元、生まれてから36年間住んだ家の目と鼻の先ですよ、ここは!
本当に安くて旨くて昔から変わらないお店ですね。
大学近くには必ずこういう名店が存在するものですね(^^
私は持ち帰りでもよく買って帰りました!

岸和田市民
2006/07/10 | URL |(trip@-)
編集



たまらんなぁー!ここ!

行ってみます!ありがとうございます!^^v
(YO-N)
2006/10/02 | URL |(trip@-)
編集



まあ、私にとってもチョー地元ですわ。。。
関西食べ歩きから来ましたが、以前、どなたかのブログでお会いしてると記憶しています。骨無さんでしたかしら???
(kaori)
2007/01/21 | URL |(trip@-)
編集



kaoriさん いらっしゃいませ。
>以前、どなたかのブログでお会いしてると記憶しています。骨無さんでしたかしら???

骨なしさんところへはときどき遊びに寄せてもらっています。
すみませんよく覚えておりません。
でもよかったらゆっくりしていってくださいね。
味の店一番はとーても美味しくて安いですよね。
お気に入りです。

これからも『まろんと炒飯』をよろしくおねがいしますね。
(岸和田市民)
2007/01/21 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯 © 岸和田市民 2017. (http://marontocahan.blog67.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
にほんブログ村 グルメブログへ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。